昭和オンナが自分を観察・記録。「昭和なあなたにお役立ちネタを」「’だよねー’的共感を」をモットーに、ガツガツ進みます!
<< BANANA REPUBLICでお買物 | main | 愛しのcomposition9。 >>
緑色の髪。
0
     鬼のような仕事の波に飲み込まれまくって、ブログの更新が全くできないAJよ。

    このアホみたいに忙しい生活も、あと1週間を乗り切れば一区切りできそう。
    お盆ウィークはガッツリ休んでやるわっ。

    で、このブログをサボっている間のできごとを一つ。

    AJは髪をサロンで染めてるんだけれど。
    白髪を隠したいのがメインの目的なんだけど、まだ生え際だけとかで白髪の
    面積が狭いということで、ファッションカラーのほうで明るい色にしてるわけ。

    で、ぼちぼちリタッチに行かなくちゃって思ってるところで激務な日々が立ち上がってしまったのよ。
    ま、なんとかごまかせるかも・・・と思ってはいたんだけど、ある日、打ち合わせに行く前に立ち寄ったカフェのトイレで鏡を見たら、生え際の分け目のところで、ものすごく白髪が主張していたの。

    「まずいっ」

    これは明らかにやばいわってことで、近くのドラッグストアに行き、なんかこの緊急事態を脱出できるものはないか、探したの。

    そして、見つかったのがこれ。



    アウラピュア ルミナマジック リタッチ

    というものよ。

    なんでも「光で徐々に染まる」とのことで、毛先が



    こんなマスカラブラシ状になっているの。

    名前も「リタッチ」ってなっているし、「サロンに行くまでの間の」ってことだったし、

    緊急事態にいいかも、と思い、ご購入。

    たしか2500円前後だったわ。

    ちょっと高めかなとも思ったけど、「今この場で塗ってごまかせるタイプ」「洗い流し不要」
    っていう中では何か一番良さそうに思えたのよね。

    ま、その日はうっすら隠せたって感じだったんだけど、「目立つ時は連続して3日ほど使用してみて下さい」って書いてあったから、その通りに連続で生え際分け目部分を
    中心に、目立つところに使用したの。

    すると、あなた!

    1週間ぐらいたったら、ほんとに白髪が目立たくなってるじゃありませんか?

    まあ、「光で徐々に染まる」ってすごいわね〜って感心してたの。

    ムースタイプもあるらしかったから、今度はサロンで染めず、これを使ってみようかとも思ってたのよ。
    ただ、これは「白髪染め」目的だから、カラーのトーンは選べないのね。
    ダークブラウン(ってか限りなく黒っぽいブラウン)しかなさそうだから、ちょっと明るい色にしたいと思っているAJは、これを全体に使うのはもうちょっと先にしようと思ったの。

    で、仕事の空き時間とサロンの予約可能な時間がやっと重なったから、ルミナマジックを使って1週間ぐらい経った頃、サロンへ出かけたの。

    自分でリタッチをしたこと自体、すっかり忘れてて、前と同じカラーでのリタッチをお願いして、流しに入ろうかとした時のこと。

    担当の彼が、

    「あれ?なんか使いました?」

    とカラー剤を塗り込んでペタペタになっている髪をいぶかしげに見ながら言うのよ。

    「え?ああ、そういえば、あまりに目立ってから慌てて使ったことがあったわ」
    「どんなやつですか?マニキュア?トリートメント?」
    お兄ちゃん、かなりあせり気味。
    「えーと、名前は忘れたけど、[光で染まる]ってやつだったけど・・・」
    「えっ!!!!!ま、まずい」

    その時のお兄ちゃんの凍り付きようったらなかったわ。

    私も驚いて、

    「あ、ごめん、何、そんなにやばいの?」

    って、聞いてみたら、

    「光で染まるのはまずいっす。髪の毛、カラー剤と反応して、髪の毛、緑色になっちゃう
     んですよ・・・」

    み、みどり・・・・・!?

    はい、ということで、今AJの髪は緑色です(涙)。

    さすがにお兄ちゃんが、「このまま帰すわけにはいかないので、できる限りのことはしてみます」
    とは言ってくれて、一回流して、別のカラー剤でトライしてみて、また流して、うまく入ってなかった
    から、応急処置でマニキュアを塗ってくれて・・・とかいろいろやってくれて、とりあえず、
    真緑ってことではないんだけど、生え際部分だけがやたらと青黒い感じであることには変わりなく・・・。

    「最終手段として、分け目を変えてみるっていうのにしましょう」

    と、分け目を変えたんだけど、いずれにしても生え際全体に光のマジックを使ってしまってた
    みたいで、隠せるレベルではなく。。。

    生え際は黒青い、それ以外は明るい茶、っていう、ゴスロリかって感じの色になっちゃってるわ

    この後の段取りは、もうこれ以上全体染めを今してもムダだから、1ヵ月後くらいに全体を黒く染めて、トーンを合わせる、ということでしかないらしいわ。

    黒くしたいわけじゃないのに、そうするしかないのが悲しいところ。

    しかも、カラー代がどんどん上積みされていくわ。

    なんで、あの光のマジックの説明書きに、
    「サロンのカラーの併用しないで下さい」って書いてなかったんだろう。

    もし、あったとしても、店頭で、ある程度目立つところをしっかり注意深くよんだはずのAJが気づかなかった程度の箇所や大きさでしか表記がないんだと思うわ。

    今、このパッケージにも何も書いてないしね。

    「ほんとに、銀イオン系は今サロンで要注意なんすよ〜。こういう自体が続出ですよ」って
    お兄ちゃんも言ってたわ。

    光マジックの商品自体は悪いわけではないと思うのよ。
    いつもこれを使うって決めたら、手軽だし、染まりはいいし、安全性も高そうで、問題ない感じが
    してるんだけど、「サロンに行くまでのつなぎ」っていう使い方がありえない、ってその説明を
    しようとする意識がメーカー側に欠落してるわね。

    皆さんも、被害に遭う前に、と思って、久しぶりのブログアップをこのネタにしたわ。

    AJは、仕事で忙殺されて、しかもかなりへこむことがあって、気分転換に「えーい、ここは一つ
    サロンでリフレッシュじゃ〜っ!」ってテンション上げるために行ったのに、よけいへこむ自体に
    なっちゃったのよ。

    「髪の毛どうしたんですか?」って誰もつっこまないわ。


    突っ込みづらいわよね。

    (ま、お兄ちゃんの努力で、目立ちにくくなってるのかもしれないけど、AJには青緑に見えるわ)

    お気をつけあそばせ。




    Posted by : AJ | - | 10:55 | comments(1) | trackbacks(0) | -
    スポンサーサイト
    0
      Posted by : スポンサードリンク | - | 10:55 | - | - | -
      コメント
      全く同じことやらかしたわたし…
      | ひよ | 2015/11/08 8:29 PM |










      この記事のトラックバックURL
      http://ethnography.jugem.jp/trackback/41
      TOP