昭和オンナが自分を観察・記録。「昭和なあなたにお役立ちネタを」「’だよねー’的共感を」をモットーに、ガツガツ進みます!
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    Posted by : スポンサードリンク | - | | - | - | -
    << 100均リメイクコスメポーチ。 | main | コーデ_寒い日の。 >>
    秋冬用 ワンマイルバッグ。
    0

       

       

      近場をプラッとする時のバッグ、秋冬はもっぱらこちらを

       

      使ってました↓

       


      ジャンニ・キヤリーニの。

      軽くて、ストラップも滑らかで、最低限の荷物(スマホ、お財布、ハンカチ)

      ぐらいは入る、「マチほぼゼロ」のショルダーバッグ。

      ストラップをとるとクラッチにもなるのだけど、ほとんどその使い方は

      しておりません。

      旅行(主に出張)の時も、これがあると、ホテル近辺をぶらつく時、仕事終了後、

      いったん戻って、お疲れ会に出かける時、非常に便利。

       

      ただ、最低限の荷物しか入らないので、冬場、手袋とかストールとかをしまうスペースが

      なく、もうちょっとキャパのあるバッグを探してました。

       

      そんな中で出会ったのがこちら↓

      Folnaというブランドの、2wayトートバッグ。

      Amazonですごくお得に買えましたー。

       

      探してた条件は、

      ・ナイロン主体×レザー使い

      ・軽量(500g以内)

      ・見た目は小さ目だけど、それなりの容量

      ・手持ちと肩がけの2way

      ・ブラックのアウターのアクセントになるちょっとした色みor柄

      ・少し雑に使っても大丈夫そうな、気楽に使える仕上げ・素材

       

      カジュアルな場面での利用がを100%想定していたので、「汚れないように」

      とか気にして使うのはいやだったのです。

      (とはいえ、物持ちのいいAJなので、丁寧に使うはず、笑)

       

      カモフラージュ模様にこだわったわけではなかったんだけど、

      いろいろ見ていくうちに、ちょっとした遊び心のある感じで、無地より

      カモ柄はありかも…とだいぶ絞っていきました。

       

      ただ、レザー部分がブラックなので、それなりに落ち着いた感じにおさまっている

      ところも◎。

       

      重さも430g!

       

      大きさ的には、

      いつものジャンニくんと大差ない感じなんだけど、

       

      大きな違いは、マチがあること↓

      約20cmくらいのマチがあって、なんでもジャンジャン入れられます。

      (トートって、なんでも上からバンバン気楽に入れられるよねー)

       

      普通のハードカバーの本もラクに入った!



      中はネイビーで結構見やすい。

      上部は、 一応スナップ留めになってます。

      (もうちょっとしっかり留まるもののほうが安心ではあるな…)



      裏側にも外ジップがあって、Suicaとかはここに。

       

      ちなみに、夏の「そこらへんプラッとバッグ」はこちら↓

      実は、これもカモ柄、笑。

       

      でも、ハワイアン柄のカモっぽい色ってやつですよ、ほんとは。

       

      夏はね、こういうくたっとした布バッグがとっても好きなんだけど、

      冬は、アウターに重厚感が出るので、なんかくたっとバッグが合わない感じがして。

       

      そして、冬場はダークカラーばかりになってしまうので、せめて小物で色味とか変化を

      持たせたい。

       

      今日は20℃超えの異様な陽気だけど、まだまだ続く寒い日々。

       

      このバッグをお供に、

      何てことない普通の日の、普通のお出かけも楽しもうと思います。


       

       

      Posted by : AJ | - | 13:14 | comments(0) | trackbacks(0) | -
      スポンサーサイト
      0
        Posted by : スポンサードリンク | - | 13:14 | - | - | -
        コメント









        この記事のトラックバックURL
        http://ethnography.jugem.jp/trackback/523
        TOP